白湯ダイエット やり方

白湯はカラダに良い効果がたくさんだけど・・・

 

 

 

白湯を飲むだけで
・体質改善
・代謝アップ
・老廃物を排出、
・血行がよくなり冷え性改善
代謝がアップすることでダイエットにも最適。

 

このような、うれしい効果が得られますよね。

 

その白湯ダイエットのやり方というのは
水をボコボコと10分以上も沸騰させて、
50℃くらい〜人肌の温度に冷まして飲むというものです。

 

白湯の効果を得るためには1日に
5杯以上は飲まなくてはありません。

 

白湯を作るのは大変 

 

だから白湯を作ること自体がめんどうになって
途中で辞めてしまう人も多いのです。

 

しかも、面倒というだけではなく、
実は水道水を10分も沸騰させると、
発がん物質も増えてしまうって知っていました?

 

なぜ水道水を沸騰させるとヤバイ!?

 

インドの伝統的な方法で、
白湯を作るとなると、先ほども書いたように10分以上
やかんで水道水を沸騰させなくてはいけません。

 

その結果、【トリハロメタン】という発がん物質を増やしてしまうのです。
他にも流産率が上がってしまったり、脳の機能を低下させてしまうことも
わかってきています。

 

白湯は沸騰させて作らなくても良い 

 

トリハロメタンは水を沸騰させることにより、
2倍以上発生してしまうんだとか。

 

せっかく健康の為に、ダイエットや美容の為に白湯を飲むのに、
発がん物質を摂取なんてしたくありませんよね。
また最近では放射能も高い地域もあります。

 

この放射脳も沸騰させるだけでは、
もちろん取り除くことはできません。

 

本気でカラダの為に白湯(50℃から60℃のお湯)を飲みたいのであれば、
水道水で作るのは今日でやめにしましょう。

 

じゃあどうやって白湯を作ればいいの?

 

それでは、他にはどうやって白湯を作る方法があるのか、
見ていきましょう。

 

@まずは、水道に浄水器をつけるという方法。

 

 

 

ホームセンターやアマゾンでも多く販売されています。

 

値段にもよりますが、
浄水器の構造により、一定の不純物しか除去できないものもあります。
トリハロメタンをしっかり除去できるものを選びましょう。

 

ただし、浄水器のフィルターが詰まってしまえば、
通常の水道水が出てくるのとまったく同じなので、
信頼できません。

 

A次が、ミネラルウォーター

 

 

 

ミネラルウォーターであれば、
安全でおいしいというイメージがあるかもしれませんが、
実はそうではありません。

 

ミネラルウォーターの水質基準は、
実は水道水よりもとてもゆるい基準になっています。

 

つまり不純物やトリハロメタンなどの項目などがないので、
まったく安全ではないのです。

 

B最後がウォーターサーバーです。

結論から言いますと、
浄水器、ミネラルウォーターよりも
安全性が高いです。

 

しかし、ここでも選び方が重要になってきます。
ウォーターサーバーには大きくわけて、
天然水、もしくはRO水に分けられます。

 

天然水では、ミネラルウォーターに近いので、
おすすめはできません。

 

白湯をするのであれば、
RO水のウォーターサーバーが適しています。

 

RO水ってなに?

 

ro水が安心・安全のワケ 

 

RO水について少しカンタンに説明していきます。

 

RO(Reverse Osmosis)というのは
逆浸透膜で作られた水ということを意味します。

 

専門用語で難しく聞こえてしまうかもしれませんが・・・

 

この膜で濾過すると不純物、ウイルス、重金属、放射性物質などの
有害な物質を取り除くことができるすぐれものなのです。

 

なので水道水の不純物を今まで気にしていた方にとっては、
とても安心できる水ということです。

 

ウォーターサーバーがあれば、あなたも手軽に白湯を飲める♪

 

白湯はウォーターサーバーでOK 

 

RO水のウォーターサーバーであれば、
安全な水ということがわかりました。

 

しかも、ウォーターサーバーであれば、
白湯もぐっと手軽にできます。

 

使い方はコックをひねるだけ。

 

すぐに、白湯に適した温度のお湯が出てきます。
格段に時短ができるので忙しい日常を送っている人には最適です。

 

またウォーターサーバーの選び方によっては
天然水、濾過された水などもありますので
白湯ダイエットをしながら、体の為にもおいしい水を始められます。

 

ウォーターサーバーで健康、美容もOK 

 

 

“でも10分沸騰させないと
アーユルヴェーダ式にはならないよね?”

 

アーユルヴェーダの伝統的なものでは
儀式的な意味合いで、炎のパワーを水に宿らせるという考えからきているものなので、
白湯の意味がなくなってしまうということはありませんので、
心配はいりません。

 

 

契約とか解約とか大変そう・・・

 

ウォーターサーバー契約、解約大変? 

 

まだウォーターサーバーを使ったことがないと、
何処に置けばいいのかということや、
解約が簡単にできるのか不安だったりしますよね。

 

しかし、契約もカンタンにできますし、
解約というのも電話一本でカンタンにできます。
(解約手数料もかかるメーカーもあるので、契約前に確認!)

 

また一人暮らしでも続けやすいように
水のボトルも少数から頼めるメーカーももちろんあります。

 

上記のことも確かめながら、
あなたに一番合うウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

 

白湯ダイエット、白湯健康法をしたいのなら、
ただ人気のあるウォーターサーバーを選べばよいというわけではなく、
湯温の調節や、水の種類はRO水かどうか、
しっかりメーカーごとに比較してみましょう。

 

あなたにぴったりなウォーターサーバーを見つけて、
白湯ダイエットを始めましょう♪
体質改善、代謝アップなどを目指し健康な体も手に入れましょう!

 

ここでは白湯に適したウォーターサーバーを
厳選してピックアップしてみたので、
参考にしてみてください。

 

白湯に最適なウォーターサーバーを選ぶときのポイントは3つ!

 

白湯ダイエットのウォーターサーバーの選び方 

 

  1. 白湯に近い湯温を選ぶ!
  2. 水質、水の種類をチェック!
  3. 水のノルマをチェック!

 

以上の3つのポイントをしっかり抑えたウォーターサーバーを厳選して、
1番は白湯に近い湯温というところに着目して、
ランキングにしてみたので、これから白湯ダイエットを始める方は是非参考にしてみてください。

 

白湯を飲むために最適なウォーターサーバー

 

アクアクララ

 

ウォーターサーバーでシェアNO1!
誰もが一度は聞いたことがある有名なメーカーですし、
美容室や待合室などであなたも利用したことがあるのではないでしょうか?

 

アクアクララはRO水を採用しています。

 

 
健康の為にも白湯をしたいというかたは、
このように不純物を取り除いた安心できるお水を選ぶのも良いでしょう。

 

アクアクララの中でもアクアアドバンスという機種であれば、
省エネ時で70−75℃となります。
こちらの機種は特に女性に人気のあるものです。

 

ランキング1位、2位よりは若干湯温は高いです。
一人暮らしの方でも水ボトルは1本から可能です。
月々2700円程度で始められます。

 

>>アクアクララで白湯を始める

 

うるのん

うるのんは欠品状態 

 

うるのんは水の種類も選ぶことが出来ます。
富士の天然水またはRO水です。

 

なので、安全な水で白湯をするなら、
RO水を選びましょう。

 

うるのんスタイリッシュなウォーターサーバーとして、
突如現れた新生サーバーです。

 

とてもモダンでアーバンスタイルが人気で、
今は欠品状態になり、契約が出来ない状態になるほどです…

 

湯温は80-90℃とやはりこの面では、
温度が高めになっています。

 

白湯も飲みたいけど、料理や
コーヒー、紅茶、ハーブティーなどもよく飲むという方は
これぐら熱めの湯温でも日々の生活では使いやすいでしょう。

 

水のボトルは12リットルで1か月2本のペースで月々2000円から始められます。

 

あなたにぴったりのサーバーは見つかりましたか?

 

白湯を手軽に続けていくなら、湯温をチェックして
選ぶことが大切ですね。

 

このように選んでも他にもウォーターサーバーは、
コーヒーや紅茶もすぐに入れることが出来ますし、
万が一の震災の時にも水を備蓄するということにもなります。

 

ウォーターサーバーが1台あるだけで、
何通りもの役割をしてくれるので、1本1000円前後でできるのであれば
とても価値がありますよね。

 

買取サーバーは敷居が高いかもしれませんが、
まずは気になるサーバーから始めてみて、
そのあとサーバーを乗り換えるということも全然アリ!です。

 

その時に解約料金がかかってしまうこともありますが、
プレミアムウォーターなどのようにキャッシュバックキャンペーンなどを利用すれば
実質解約料金もタダのようになります。

 

どこのメーカーも解約は電話1本でできるので
むずかしいことはありません。

 

追伸

まだやかんでボコボコと水を沸騰させて白湯を作りますか?

 

先ほども少し触れましたが、水道水を長い時間沸騰させると
かえって不純物の濃度もあがってしまいますし、
カラダにも良くないですし、何よりガス代ももったいないですよね。

 

健康面や時短ということも考えたいのであれば、
一度ウォーターサーバーを試してみて下さい。